犬の皮膚病を完治させるコツ|いつでも元気よく健康的

女の人とペット

洗うこと

獣医

犬の性質とシャンプーの仕方

最近はペットブームで犬を飼う人が増えていることと思います。犬は、アポクリン腺が全身にあり体臭があります。また、換毛期が年に2回あり美容はかかせないのです。体臭や汚れは、2週間ほどで出てくるので、その頻度で綺麗にしてあげる必要があります。犬をシャンプーするときに大切なことは、しっかり汚れを取ってあげるということです。はじめのすすぎで8割の汚れが落ちると言われています。たっぷりと水分で皮膚まで濡らしてあげることが重要です。また、シャンプーも原液のまま使用するのではなく、しっかり泡だ立たせた泡でたっぷりと塗り込んで洗ってあげると、汚れも落ちてきます。仕上げにリンスを塗り込んで洗うことで、匂いもちもよくなるのです。体を清潔に保つと皮膚病を発症させる心配も軽減されます。

皮膚との密接な関係性とは

犬のシャンプーは、最近種類もふえています。犬の場合、毛並みの良さも大切ですが皮膚にダメージの少ないものが大切になってきます。そのため、ハーブ系のシャンプーやノンシリコンのものなど、人と変わらないこだわりのシャンプーがたくさん出ているのです。子犬や皮膚の弱い犬には、低刺激シャンプーや薬用のシャンプーを使うこともあります。シャンプーと皮膚の関係性は非常に密接なものとなっているのです。そのため、シャンプーを変えたことで皮膚の状態がよくなったという例もあげられます。その子にあったシャンプーを見つけてあげることで、皮膚病などの皮膚トラブルの改善になることもあるのです。愛犬のために飼い主ができることは、愛犬にあった商品を見つけてあげそれを使っていくことにあるのかもしれません。

Copyright © 2017 犬の皮膚病を完治させるコツ|いつでも元気よく健康的 All Rights Reserved.